CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
窯づめ
0

     世間では大型連休真っ只中。

    ラジオからも連休ならではのコメントがしばしば。

    そうかそうかと思いながらも当方は本日は窯づめ。

    気持ち温度の低い下段にハンドル付きのモノを。

       

    そしてハンドルで口縁が引っ張られないようにトチに乗せ、

       

    ツクの高さも微調整して、、、

       

    窯づめ終了。

    明日早朝より本焼き開始です。

     

     

     

     

    | Atelier notes | 18:51 | - | - |
    さて・・・
    0

       毎度の事ながら春の陽気に誘われて?のほぉ〜んとしていたら

      あっちゅうまに2週間が過ぎてしまいました。。。

       

      さて今月頭の本焼きに入れていたテストピースですが、、、

      どう見てもなんだか微妙〜な感じで出てきました。

      不思議に思い今回の調合量を記したメモを探し見返して見た結果、

      計算間違いをしてました。。。_| ̄|●il||li

      再度計算し直した結果、

      何種類かの原料が約1塋ほど不足していました。。。

      あ"ぁ"〜算数は苦手だぁ〜、、、

      とりあえず不足分を加えたので次回再テストです。

       

      さて現在、

      水挽をしたり、削りを行ったり、型で制作したり、

      制作に関しては変わらぬ日常となっております。

      で、この前作ったハンドルも量産?したりしてます。

         

         

      また今回は必要な分以上に作ってストックも。

      ストックがあれば次回カップを作る時も気分的に楽に制作に入れるので。

       

       

       

       

       

       

       

      | Atelier notes | 21:24 | - | - |
      失敗は許されない?
      0

         ハンドル制作。

        昨年ハンドルの石膏型を作ったので

        当分はハンドルの型作りは無いだろうと思っていたのですが、、、

        作るものによっては必要になりますよね、やっぱり。

         

        と言う事でトータル2日かけての新規?ハンドルの石膏型制作。

        先ずは原型の制作…失敗は許されない、、、

        って事なないんですが、、、ただ石膏で原型を作るので、

        削り出し時やペーパーをかけてる時に『ポキッ…』とやってしまったら

        また最初からとなってしまうので非常に面倒い…基厄介。

        ただ土で作った原型を基に型取りするより歪や変形もなくリスクが低いので

        この手法でおこなっています。

         

        で、、、

        何とか失敗することもなく無事ハンドルの押し型が完成しました。

         

         

         

         

         

         

        | Atelier notes | 20:27 | - | - |
        あと少し・・・
        0

           早いものでもう4月です。

           

          でもって?って事ではないですが本日本焼き。

             

          今回は釉のテストがいくつか入っているので窯だしが楽しみです。

           

          さて終了まであと少し、もうひと踏ん張り。。。

           

           

           

           

          | Atelier notes | 22:12 | - | - |
          日常のヒトコマ?
          0

             今年も雉がやってきました。。。が、

            まだ警戒心が強いようで室内からの覗き見しただけで察知され

            写真を撮る前に逃げられました。

             

            さて本日は素焼き。

               

            少し背の高いシッタがあるため変則的な棚組になってます。

             

            でもって素焼きをしつつ皿の微修正を。

               

            型皿なのですが鎬の部分が大分くたびれてきてる感が。

            思いのほか修正箇所が多かったような。。。

            でもまだまだ?もう少し??は使うでしょうね。

             

             

             

             

             

             

             

            | Atelier notes | 19:19 | - | - |
            8年目
            0

               本日でこのブログも8年目に入ることとなりました。

              今後ともよろしくお願いいたします。<(_ _)>

               

              さて東京では桜の開花宣言が出ましたがこちらではまだまだ、

              桃花もまだ咲いていません。

              ただ鶯は玄人と新米が入り混じって鳴いております。

               

              制作の方ですが次の窯への優先順位を考えながら作業を進めております。

                 

              今日はカップのハンドル付けがメインとなりました。

               

               

               

               

               

              | Atelier notes | 19:22 | - | - |
              補充分と+α
              0

                 今週の日曜日に1年間の宮当番が終わりました。

                まぁ各隣保ごとに10年に一度回ってくる自治会の役回りなんですがね。

                 

                さて型での制作もあと1〜2日ほどでほぼ終了。

                           

                何とかオーダー分も含めて補充分の数もとれそうです。

                でもって次の工程はムロの中で待機している器の削りですね。

                思いのほか乾燥も進んでしますが。。。

                 

                 

                 

                 

                 

                | Atelier notes | 23:14 | - | - |
                諸々と、、、
                0

                   早いもので3月ももうすぐ中旬に。

                  制作以外でバタバタする事もありで…いやはや。。。

                   

                  さて先月から天候と相談しながら行っていた灰作り。

                  あと一回雑木を燃やせば終了と言うところまでこぎつけました。

                  現在約14堋確保?出来ました。

                   

                  他には道具作り、、、

                     

                     

                  これ↑を使った水挽(現在ムロの中で乾燥中)と、

                  数の少なくなった器の補充分を制作(これもムロの中でじんわり乾燥中)

                   

                  でもって現在は、、、

                     

                  型での制作中。(写真はハンドルです)

                   

                   

                  そう言えば、、、

                  今朝関西では火球(明るい流れ星)の出現?でざわついておりましたが、

                  その時間当方勿論まだ布団の中で夕方のニュースで知りました。

                  まぁ2秒程度の出来事だったようで、

                  もし起きていて空を眺めていたとしても気づいてからでは

                  写真や動画にはおさめられなかったでしょうね。。。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  | Atelier notes | 19:32 | - | - |
                  白木のカウンター席にて
                  0

                     先週大阪へ出た帰りに昨年末に納品させていただいたお店、

                    寿し いち徳さんへ行ってきました。

                       

                    …がやっぱり気持ちが逸っていたようで、

                    店の顔(看板・暖簾)を撮り忘れていた事を今気づきました。

                    不覚。。。

                     

                    お店の大将とは御縁あって一昨年姉妹店にあたる『馳走 いち徳』

                    器を使っていただいたのを始まりに、

                    今回『寿し いち徳』(昨年12月23日開店)でも器をオーダーいただきました。

                     

                    お店は、、、

                     

                     

                     

                     

                     

                    一品・割烹の料理を大将が

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    寿司の方を職人さんがの、、、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    寿司と一品料理のスタイルで、

                    お品書きは今のところなく?お任せでお願いしました。

                     

                    先付けに始まり…刺身、

                       

                       

                    カニとカニ味噌の蒸し物へと続き、、、

                           

                    焼き物・煮物へと出していただいた料理のほとんどに

                    当方作の器を使って出していただきました。

                    これらの料理に舌鼓を打ちつつ、

                    カウンター越しの会話も楽しみながら冷酒をぐびり。

                     

                    またこの間にも、、、

                       

                    ちょこちょこ握っていただきました。

                     

                    アップしている写真以外にも幾つか出していただきましたが

                    今回のメインどころは、、、

                       

                       

                    藜海老の握り(ぷりっっぷりっでした)と甲羅焼き(ミソが濃厚でした)

                       

                    でもって今回の一番の唸ったのが、、、

                       

                    烏賊の雲丹和えの小附丼?でした。

                     

                    最後に灰柱の握りとねぎとろ新香巻きをいただきお時間(終電)に。

                    いやぁ〜今回も至福の時間を過ごす事が出来ました。

                    たまにはこういう時間も必要ですね。。。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    寿し いち徳

                    西宮市二見町4-16 サンエイビルF1

                    0798-65-1112

                    営業時間:17:30〜23:00

                    定休日:火曜日

                     

                     

                     

                    | Atelier notes | 22:48 | - | - |
                    一石二鳥なるか?
                    0

                       年末から時間のある時に敷地内の成長し過ぎ?の雑木を伐採をし、

                      まだちと早いかと思いますがこの雑木で窯を焚くわけでもなく、

                      少々湿気ていても関係ないので頃合いをみつけ焼却作業を。。。

                       

                      で、思い立ったのが天然灰作り。

                      なんせ今回かなり伐採しましたので、

                      量的にもかなりの灰が出来るのでは、、、と。

                       

                      時期が時期ですので天候と風および予報に十二分注意しつつ

                      とりあえず写真にある量程の木で灰作り開始。

                         

                      地面に直で焼いているので木灰と言うより土灰ですかね、

                      そこらに転がってる毬栗の残骸や栗や落ち葉も混ざってるので。。。

                      なんだなんだで2時間程度でくべ終えあとは夕方まで待ちに。

                      完全に焼けきり灰に…と言うところまではいきませんが

                      一斗缶2個分程の灰+熾きになったので一斗缶に移し冷却?

                       

                      でもって無風に近い晴れた日を狙って、、、

                         

                      篩がけをおこない燃え残りと灰の分別。

                      結局この日は約4堋の灰が取れました。

                      まぁ灰汁抜き兼水簸をおこなえばもう少し少なくらるでしょうね。

                       

                       

                       

                       

                      | Atelier notes | 13:54 | - | - |
                      | 1/33PAGES | >>